スキルアップ

【後編】経理のプロ講師が大暴露!「フリーランスの年収600万円=会社員の手取り400万」って聞くけど会社員は本当にお得なのか?

本編は「【前編】経理のプロ講師が大暴露!「フリーランスの年収600万円=会社員の手取り400万」って聞くけど会社員は本当にお得なのか?」の記事の後半になります。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
まだ前半を読んでいない方は、先にご覧になってからお読みください!

福利厚生の勝者は会社員!企業ならではのユニークな制度も充実

ハリーさん
ハリーさん
次は「福利厚生面」での比較するね。

制度だけでいえば、やはり「会社員の方がお得」なケースが多い印象だよ!

フリーランスにはない会社員の福利厚生のメリット

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
会社員はどんな福利厚生のメリットがあるんですか?
ハリーさん
ハリーさん
企業によってサービス内容はさまざまだけど、一般的には家賃補助や交通費支給などが挙げられるよ。

会社によっては宿泊施設やアミューズメント施設の割引が受けられる場合も少なくない。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
僕も前職では福利厚生を使って、映画を特別価格で鑑賞していました。

フリーランスは就職していないから、福利厚生を受けるのは無理でしょうか……?

ハリーさん
ハリーさん
プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会がやってる、福利厚生サービス「WELBOX」がおすすめかな!

大手企業でも導入されているほど知名度も高い福利厚生制度で、施設の優待や割引特典が受けられるんだ。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
前職の企業でも「WEL BOX」が福利厚生にありました!
ハリーさん
ハリーさん
ちなみに、フリーランス協会は希望すれば所得補償保険にも入れるよ!
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
「傷病手当金」や「労災保険」がない分をカバーできるってことですか…!

フリーランスでもこうした団体などに加入することで、会社員と同等の福利厚生を受けられるんですね。

ハリーさん
ハリーさん
少し話は脱線するけど、クレジットカードの優待も便利だよ。カードの種類によるけど、提携サービスを割引価格で受けられるときもあるから。

前にカード提携の旅館に泊まったら、宿泊代が1万円ぐらい割引になったこともあるよ。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
クレジットカードの優待は会社員、フリーランス問わず受けられるので便利ですね。
ハリーさん
ハリーさん
とはいえ、フリーランスだとクレカ作りづらいけどね……
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
(ほんとつらみ……)

収入面の勝者は引き分け!「収入の上限があるか」が最大のちがい

ハリーさん
ハリーさん
最後に「収入面」だけど、これは両者とも「引き分け」かな。
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
やっとフリーランスが評価された……!

収入面で具体的な違いはありますか?

ハリーさん
ハリーさん
会社員の給料って基本は時給制だから、働いた時間に応じてしかお金がもらえない。

あと昇給のタイミングが決められているのも特徴だよね。半年か1年に1回しか給料が上がらない。会社によっては3か月単位で変動するところもあるけど、必ず上がるわけでもないし。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
会社員で急激に年収をアップさせるのは難しいですよね。
ハリーさん
ハリーさん
一方でフリーランスは自分が仕事をすればするほど、収入もあがるケースも多い。

反対にゆっくり仕事をしたいときは、報酬を落とすかわりに仕事量をセーブすることだってできる。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
「常に安定した給料をもらえる」会社員と、「自由に報酬を設定できる」フリーランス。特徴が全く違いますね。
ハリーさん
ハリーさん
「どちらがいい」と決めつけるのではなく、個人のライフスタイルや好みに合わせて選べればいいと思うよ!

フリーランスには自由があるけど、一番大事なのは……?

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
結果的に社会保障面と福利厚生面では会社員が勝利……

収入面では引き分けといった結果になりました……

フリーランスの身として自信をなくしますね……

ハリーさん
ハリーさん
でもフリーランスにはお金には変えられない、すべてを自分で決められる「圧倒的な自由」っていう最大のメリットがある。

今はパソコン1台である程度の仕事はできるようになってきているから、いつ、どこで、誰と仕事をしようがOK。

その反面、営業・実務・経理など、すべて自分でやる必要はあるけどね。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
たしかに「好きなときに働けて休める」のは、大きなメリットかもしれません。

仕事相手や環境を選べるため、仕事でのストレスは減りましたね。

ハリーさん
ハリーさん
会社員は社会保障の面でフリーランスより守られていると思うけど、その分だけ制約やしがらみも多い。どっちも一長一短だよ。
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
フリーランスが自分の身1つで挑戦する「ガンガン行こうぜ」タイプであれば、会社員は社会保険や企業に守られた「いのちだいじに」タイプ、みたいな感じですか?
ハリーさん
ハリーさん
うん、そんな感じだね!

ちなみにだけど……、前職を辞めるかどうか悩んでいたときに、恩師に言われた言葉があって。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ハリーさん
ハリーさん
「会社も国も、そして家族でさえも。誰も自分を守ってくれはしない。あなたを守れるのはあなたしかいない」って(笑)
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
それを言ったら……
ハリーさん
ハリーさん
ね、ここまで数千文字かけて、「会社員は守られてるから」書いてきたのにね……(笑)

でも会社員だろうとフリーランスだろうと、人生の主人公は自分だからさ。大事なところを会社とかに委ねちゃいけないなと思ってる。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
たしかに。
ハリーさん
ハリーさん
今画面の奥にいる君が「会社の仕事が楽しくない…」って感じるんだったら、勇気を出して独立するのも一つの手だと思うな。別にフリーランスじゃなくても、転職するっていいと思う。
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
(誰に言ってるんですか……(笑))

僕は会社員生活が楽しめなくてフリーランスになりましたが、今思えば「良かったな」と思えています。

ハリーさん
ハリーさん
「今の自分にとって大事なのはどっちだろう?」って考え続けることが一番大切だと思うんだ。

自分の人生だもん、自分で決めたいじゃん。それが「生きる」ってことなんじゃないかな。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
自分の選択に責任を持つことが、充実した人生を送るための秘訣なのかもしれませんね!

タイプも違えば一長一短!自分に合った戦い方(働き方)を

今回は株式会社Ponnufの経理担当として講師も務めるハリーさんに「会社員とフリーランスはどっちがお得なのか」を伺いました。

  • 会社員は社会保険の制度が整っているため、フリーランスより手厚いサポートがある
  • 福利厚生も会社員の方が充実しているが、団体加入などでフリーランスでも受けられる
  • 会社員は年収を上げづらいが、フリーランスは収入に上限がない(頑張り次第)

社会保険に守られているため会社員の方が「お得」に見えるかもしれませんが、フリーランスには「圧倒的な自由」があります。

「自分にとって大切な条件」を常に見つめなおし、その時々にあった手段を選ぶことが大切なのだと。

最後にハリーさんはこう締めくくっていました。

ハリーさん
ハリーさん
今回のようなお金の話は、基本的に学校や会社にいるだけじゃ教えてくれない。

誰かが言ってた話だけじゃなくて、インターネットや書籍を活用して自分で1次情報を取りに行くのがポイント。

集めた情報を取捨選択しながら、自分の納得する人生を歩んでいこう!

【抽選プレゼントあり】まずはその第一歩をコチラの本で


そんなハリーさんがおすすめしていたのが、こちらの本。

ハリーさん
ハリーさん
「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!(サンクチュアリ出版/大河内・若林著)」

僕も実際に読みましたが、理解しにくい税金などのお話がマンガで書かれていてとても読みやすかったです(独立前に知りたかった……)。

なんと今回はここまで読んでくれた読者の皆さんのために、ワークキャリアのLINE@に登録してくれた方の中から抽選で3名様に、この書籍をプレゼントすることになりました!!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ワークキャリアの優先案内のほか、独立相談などもしていく予定ですので、よかったら登録してもらえるとうれしいです!

▼ワークキャリアのLINE@はコチラからぜひ
友だち追加