自己分析

本当にリモート勤務って快適?フルリモート社員にメリット・デメリット聞いてみた

こんにちは。ライターの川島ヒロヒトです。

さまざまな働き方が注目されている今、リモートワークに関心をもつ方も多いと思います。

一昔前はオフィス勤務が当たり前でしたが、自宅やカフェで仕事をするスタイルを認める企業も少なくありません。

「場所にとらわれず働きたい…」なんて思う人もいますよね。ですが、「本当にリモートワークが快適なのか」と、不安になる場合もあるでしょう。

疑問を解決すべく、今回は複業リモートワーク社員として大活躍中の、なかのの夫さんにお話を聞いてみました。

  • リモートワーク社員のリアルな「働き方」
  • リモートワークの「メリット」「デメリット」

主に上記2点をメインにお伝えします。

パパとして子育てに奮闘しつつ、場所にとらわれない働き方を実現したなかのの夫さんのエピソードに注目です。

なかのの夫さん

複業歴7年目、自宅で働き2児の子育てが本業の『複業パパ』。1日5hしか働かないリモートワーク正社員兼ブロガー。正社員と兼業でブログ、SNSコンサル等を行っている。年収300万で副業ブログ開始し、1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円、SNSフォロワー数は合計26,000人。30代のパパ・ママに「複業×リモートワーク×時短」という新しい働き方を発信中。

取材日:2019/8/7

フルリモート勤務になるまでの過程

新卒でASPに入社。5度の転職を行いつつ複業ブロガーとして活躍

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
なかのの夫さんは、どのようなキャリアを築かれたのですか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
新卒でASPと呼ばれるアフィリエイターと広告主を繋ぐ仲介役となる企業で働いていました。

その後5度の転職を経験し、現在に至ります。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
豊富なキャリアをお持ちなんですね!転職された会社はどのような企業でしたか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
2社がメーカーで、その他4社の業種はばらばらですが、Webマーケティング系の職種です。

副業ブログを運営しながら、会社員として働いていました。

「家族を優先させたい」と決心しリモートワーク会社員へ転身!

なかのの夫さん
なかのの夫さん
実は途中で2度、フリーランスも経験しています!
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
独立された時期もあったのですね!フリーランスの時期は何のお仕事をされていたのですか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
ブログ運営です。編集やSNS運用、アクセス解析まで一貫して習得でき、スキルアップにつながりました。

実際にブログの実績をもとに、転職に成功した経験もあります。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ブログを実績に転職…!フリーランスを辞めて就職を選んだのはどうしてですか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
「収入が安定しないから」ですね。フリーランスはお金へのプレッシャーが重いです。

体感ですが「会社員時代の100倍」の精神的負担がかかります。

何よりも家族…特に妻へお金の心配をさせたくありませんでした。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
フリーランスには収入の不安はつきものですよね…
なかのの夫さん
なかのの夫さん
僕は複数の本業を持つ「複業」が最強の働き方だと考えています。むしろ会社員に戻ったのは自然な流れでした。

収入も安定してリスクヘッジになるうえに収入も増えます。経済的なプレッシャーもありません。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
理想的な働き方に近づいたのですね!

なかのの夫さん
なかのの夫さん
はい。会社員もフリーランスも両方経験した上で、やっぱり「複業が最強だな」と実感しています。 
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
たしかに収入が安定する「複業」は魅力的な働き方です!

就職するにあたりリモートワークを選んだのはなぜですか?

なかのの夫さん
なかのの夫さん
「家族との時間を何より優先させたかった」からです。

僕にとって人生の豊かさは「家庭の充実」。フリーランスでリモートワークの味をしめました(笑)

 

リモートワークの働き方

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
リモートワーク社員の現在、どのような仕事をされていますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
WebライティングとWEBマーケティングの業務がメインです。

弊社が運営しているオウンドメディアで記事を作成しています。

他にもサイトの運用や改善提案、SNSの運用まで行う場合も少なくありません。

リモートで主に使っている3つのサービス

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
仕事の幅が広い!これだけ多くの仕事を、オンライン上でどうやって連絡をとるか知りたいです!
なかのの夫さん
なかのの夫さん
基本的な業務のやり取りはslackがメインです。複数人で通話をすれば、打合せもできますからね。

タスク管理はChatWork、記事作成はGoogleドキュメントといったように使い分けています。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
色々なツールを駆使されているんですね!実際にオンライン上の連絡はスムーズに行えていますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
はい。僕の会社は立ち上げ当初からフルリモート勤務を導入済みでしたからね。

今後リモートワークを導入する企業は大変だろうなぁ…と思います。

なかのの夫さんの作業スペース

 

リモートワーク社員の1日のタイムスケジュール

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
リモートワークで働かれている方の生活が気になります!よくある1日のタイムスケジュールを教えてください!
なかのの夫さん
なかのの夫さん
わかりました!

勤務時間は8時30分~15時。在宅勤務で子育てと両立

  • 07:00:起床
  • 07:45:子どもを幼稚園へ送る
  • 08:00:朝ドラを見る
  • 08:30:リビングへゼロ秒出勤し、仕事開始
  • 12:00:お昼(休憩時間は自由)
  • 14:30:子どもを幼稚園に迎えにいく
  • 15:00:仕事終了
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ちゃんと子育てと両立されているのが印象的です!理想的な暮らしですね…!
なかのの夫さん
なかのの夫さん
妻に気を使わせて、大変なときもありますよ!

妻はいつも僕が仕事をしやすいように色々な配慮をしてくれてますので本当に感謝ですね。

リモートワークができているのも妻のおかげだなと思っています

 

リモートワークの最大のデメリットは「コミュニケーションの難しさ」

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
リモートワークをして感じるデメリットはありますか?

デメリット:コミュニケーションがむずかしい

なかのの夫さん
なかのの夫さん
「コミュニケーションが難しい」ことですね。

リモートワークは「チャット」でのやり取りが中心です。

相手の声も表情も見えないので、どんなテンション・口調で言っているかわかりません。

僕と同じリモートワーカーの方でもデメリットとして挙げる方は多いですね。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
相手の感情が分からないと不安になりますよね。どのように対処されていますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
「実際に会うこと」ですね。

詳細は下記リンクにあるエピソードをご覧いただきたいのですが、僕はコミュニケーションで失敗してしまった経験があるんです。

でも実際に相手に会ってみたことをきっかけに、以降とても仕事がやりやすくなりました。

リモートワークとはいえ、絶対に一度は会うべきだと思いました。

なかのの夫のリモートワークのコミュニケーション失敗談

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
オンラインの仕事でもリアルの関りは大切ですね!他にリモートワークで困ったエピソードはありますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
子どもがやたらと「かまって」と言ってくるときがあります。自分で望んだ働き方ですけどね…(笑)
川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
とてもほっこりする悩みですね…!

 

リモートワーカーの1番のメリットは「通勤がないこと」

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
リモートワーカーとして働いて、最も感じるメリットを教えてください!

メリット:通勤がない

なかのの夫さん
なかのの夫さん
「通勤がない」ことですね。満員電車に乗ると、出社する前に疲れます。「労働する前から労働する」非合理な働き方です。

ストレスなくすぐに仕事を始められるのは大きなメリットに感じます。

ただ、逆にデメリットになる場合もあって…

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
どのような問題があるのですか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
運動不足ですね。通勤は移動するだけで運動になります。1日中座って作業すると、体への負担も少なくありません。

実際に僕は、リモートワーク開始1ヵ月で痔になりました(笑)

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
ええ!移動がなくなるとはいえ、つらいですね…運動不足はどのように対処されたのですか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
スタンディングで仕事をしたらすぐに改善しました。立ちながら作業をすると驚くほど集中できます。

なによりも痔になりません(笑)

リモートワークを検討する場合は、メリットとデメリットを把握するのがおすすめです。

スタンディングで仕事する、なかのの夫さん

 

リモートワーカーを目指す方が気になる疑問を伺います!

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
柔軟な働き方が認められ、場所にとわわれない働き方に憧れる人も多いと思います。

これからリモートワーカーを目指す方が気になる疑問を伺います!

なかのの夫さん
なかのの夫さん
任せてください!

リモートワークは「コミュニケーションが上手な人」がぴったり

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
早速ですが、どのような人がリモートワークに向いていると思いますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
SNS等の、インターネット上のコミュニケーションが上手な人です

相手の顔やテンションを想像しながら話せる人は向いています。

リモートワークを行うには、コミュニケーションスキルが必要不可欠です。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
なるほど!他に大切なスキルはありますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
自己管理能力や自己解決できるスキルですね。

詳しくは「リモートワークに必要なスキルまとめ」に記載してあるので、参考にしてみてください。

記事では次の5つのスキルを紹介しています!

  1. コミュニケーション能力
  2. 自己管理能力
  3. 自己解決できるスキル
  4. ITに関する基礎知識
  5. 質問力

リモートワーク向きの職種No1は「エンジニア」

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
リモートワーク向きの職種はありますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
Webエンジニアやアプリエンジニアですね。求人数が最も多く、仕事も幅広いです。

言語さえ覚えれば、特殊なスキルや資格も要りません。

Wi-FiとノートPCがあれば世界中どこでも場所を選ばず仕事できますし。

川島ヒロヒト
川島ヒロヒト
特別な資格も必要ないですもんね!他にリモートワークに向いている職種はありますか?
なかのの夫さん
なかのの夫さん
僕のようなWebライターやWebマーケッターです。副業と併用も難しくありません。

リモートワークに最適な職種と条件は、「リモートワークできる仕事(職種)と条件まとめ」に記載してあるのでチェックしてみてください!

記事では次の5つの条件をご紹介しています!

  1. 「現場」がない
  2. 多くのコミュニケーションが必要ない
  3. データや業務の進捗が共有しやすい
  4. 成果が明確

 

おわりに:メリットとデメリットを知ってリモートワークを検討しよう

今回は現役のリモートワーク社員として活躍中のなかのの夫さんに、働いた感想とメリットデメリットについてご紹介しました。

  • リモートワークのメリット「通勤がない」
  • リモートワークのデメリット「コミュニケーションが難しい」
なかのの夫さん
なかのの夫さん
メリットとデメリットをあらかじめチェックしておくのが大切です!

僕はリモートワークを世間に広めていきたいと考えています。

オフィス勤務の会社であれば、すべての職種でリモートワークはできるはずです。

今後は柔軟な働き方を推進する企業とも繋がり、リモートワーカーを増やせればいいなと思っています!

今回、取材を快く受けてくださったなかのの夫さんの発信活動は、下記にてご覧いただけます!