ワークスタイル

気づけばアドレスホッパー生活2年目。お試し移住におすすめの地域5選

こんにちは。株式会社Ponnufのヌイ(@nui_nounai)です。

最近、自宅を持たず居場所を転々とする、「アドレスホッパー」が増えてきています。

フリーランスの働き方もメジャーになりつつある今、日本各地で短期移住してみたい方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は「居候男子」という肩書きで、1ヶ月ごとのお試し移住で日本各地を周る、木津さんに取材を。

すでに12の地域に訪れている木津さんに、お試し移住におすすめの地域を5つに厳選していただきました。

  • 日本の地域に移住してみたい
  • アドレスホッパーで働いている人の生活を垣間見たい
  • 拠点を変えながら働いてみたい

ぜひ1つでも当てはまる方は、最後まで読んでくれるとうれしいです。

木津歩

「移動生活で地域との新しい関わり方を創る」がテーマに、月一毎に短期移住を行う、アドレスホッパー。設計事務所で働く一級建築士▷シェアハウス生活▷建築より暮らしに興味持つ▷仕事辞めて月一引越しの移動生活▷地域に興味持つ。兵庫県香美町と「#関係人口契約」結んだり、地域の暮らしを発信する創作ユニット「hyphen,」のメンバーの一人として活動を行う。

取材日:2019/7/30

ヌイ
ヌイ
木津さん、よろしくお願いします!今、どんな活動をされているのか、簡単に教えていただきたいです。
木津
木津
よろしくお願いします。今僕は「居候男子」という肩書きで、1ヶ月ペースで地域に移住しています。

滞在費を支払う代わりに、地域の魅力を発信したり、お仕事をお手伝いなどを行なっていますね。

そこで感じた地域のおもしろさを、発信活動を通して、地域の魅力を伝えたりしていますね。

 

「居候男子」の活動のあれこれ

はじまりは、2018年6月。訪れた地域は13箇所

ヌイ
ヌイ
「居候男子」ってキャッチーで、とても興味が湧きました。実際に、いつから活動をはじめましたか?
木津
木津
2018年6月に本格的に活動をはじめましたね。
ヌイ
ヌイ
え、去年ですか?木津さんの活動って沢山の方に認知されているので、もっと長いと勝手に思っていました、、!

今まで、何ヶ所の地域に訪れているんですか?

木津
木津
この後訪れる地域を合わせると、計13地域になります。

 

各地域にて、どのような活動をしているのか?

ヌイ
ヌイ
滞在費を払う代わりに、地域を発信や、お仕事を手伝うということですが、実際にどういったお仕事をされているんですか?
木津
木津
地域によって仕事内容は変わるのですが、漁師を手伝ったり、ゲストハウスの運営を手伝ったり、地域のPRのお仕事をいただきました。
ヌイ
ヌイ
多岐にわたるんですね。その地域に合ったお仕事をするって、面白そうです!

 

「居候男子」で活動をはじめた理由と拠点選び

活動をはじめた理由

ヌイ
ヌイ
1ヶ月毎に拠点を変えながら暮らすのは、楽しい反面、大変そうだなと、、!

居候男子として、活動をしようと思ったきっかけは何ですか?

木津
木津
実は、家がなくなっちゃって。
ヌイ
ヌイ
え?家が失くなる?
木津
木津
家を解約しなければいけなくなっちゃって。仕事を辞めて、家賃を払えなくなちゃったんです。

ただ、実家に戻るのもなんだし、「タダで住めるところないかな?」って思ったんです。

ヌイ
ヌイ
なるほど(笑)

 

木津
木津
そこで、石川県能登のシェアハウス「リバ邸」を運営するぼりさんが、家賃3万円で来ても大丈夫だよ!って言ってくれて。

その生活が始まってから、転々とする生活が始まりましたね。

ヌイ
ヌイ
些細なきっかけから始まって、今の活動に繋がっているんですね。
木津
木津
本当、今まで成り行きなんです(笑)

拠点選び

ヌイ
ヌイ
毎回どのような基準で、拠点を選んでいますか?
木津
木津
基本は「無償で住ませてくれる場所」か「無償で住めるための仕事がある」ところを、拠点にしています。家賃にお金がかからないことがベースです。

なのでこの生活をしていると、自然と「地域」が拠点になります。

ヌイ
ヌイ
なるほど。「必ず地域に住みたい!」となったわけではなく、ここも成り行きで決まったてたんですね、、!

 

「お試し移住」を繰り返したアドレスホッパーが選ぶ、特に印象的だった地域5選

ここから、木津さんが選ぶ「印象的だった地域」を5つ厳選してもらいました。

下記について聞いています。主に、アドレスホッパーが移住しやすい地域を、厳選しています。

  • 印象的な地域だった理由
  • どんな方におすすめか
ヌイ
ヌイ
では早速、日本各地に赴いた木津さんが選ぶ、お試し移住がしやすい地域を5つに絞って選んでいただきたいです。
木津
木津
5つですか、、。どこも魅力的な地域なので、むずかしいですね。

ではお試し移住しやすい地域として、下記5つご紹介します。

  1. 青森県・十和田
  2. 北海道・下川
  3. 千葉県・金谷
  4. 岡山県・岡山
  5. 岩手県・遠野

 

①青森県・十和田

  1. すでに移住者が多く、移住者を受け入れてくれる風潮がある
  2. 町の規模が小さく、凝縮されている
  3. フリーランスの環境にはぴったり
木津
木津
十和田市がおすすめな理由は、主に3つの理由になります!

この地域は、地域を紹介しているメディア「灯台もと暮らし」でも紹介されているので、地域の知名度は比較的高いような気がします。僕もとてもおすすめです。

ヌイ
ヌイ
そうなんですね。詳しくお伺いしたいです。

①すでに移住者が多く、移住者を受け入れる風潮がある

木津
木津
まず、移住者が多いですね、十和田は。

また、これから移住してくる人を、どんどん受け入れてあげる気持ちが結構強くて。

ヌイ
ヌイ
「移住」と聞くと、その地域に馴染めるかなって不安になるので、受け入れてくれる体制はありがたいですね。

②町の規模が小さく、凝縮されている

木津
木津
あと、町として、ぎゅっと凝縮されているところも魅力ですね。

十和田の特徴は、徒歩圏に周れる場所が結構多いんですよね。

「この方に会いたいな」って思ったら、すぐに会える距離にいらっしゃるので。

ヌイ
ヌイ
「地方=車必須」というイメージが強いので、徒歩圏内にギュッと凝縮されているのは確かに魅力的ですね。

私みたいに免許を持っていない人は、ありがたいと思います!

木津
木津
そうですね。他にも、駅前に美術館があるのも魅力的でした。

基本的には「市街地周り」と「十和田湖周り」の2ヶ所に集中しているので、生活がしやすかったです。

ヌイ
ヌイ
木津さんも訪れてくれた、金谷と比べてどうですか?金谷も徒歩圏に集まっていますよね。
木津
木津
金谷よりは、もう少し町が大きいです。

十和田は、歩ける範囲にまとまっている数が多いですね。

例えば、美術館や図書館、商店街など。面白いものが、ある程度まとまっていますね。

③フリーランスの環境にはぴったり

木津
木津
あとは、フリーランスの人にはぴったりですね。働き方の環境がいいんです。

十和田は、作業スペースが沢山あるんですよね。町中に。なのでとても仕事がしやすいです。フリーランスの方には、特におすすめですね。

https://www.instagram.com/p/BsM9ztPBhUF/?utm_source=ig_web_copy_link

ヌイ
ヌイ
がっつり作業したいフリーランスの方は、特にいいですね!
木津
木津
そうですね。実際に行ったカフェも可愛くて、作業もしやすかったです。

 

②北海道・下川町

  1. 移住者が多く、事業やビジネスをしている人が多い
  2. イベントが多く開催されている
  3. 自然が豊か
木津
木津
2つ目は、北海道・下川町ですね。北海道の特に北の方にある地域で、寒い時は、氷点下30℃くらいになります。
ヌイ
ヌイ
青森に続き、北海道!気になります。

①移住者が多く、事業やビジネスをしている人が多い

木津
木津
下川町も移住者が多いのは特徴的です。

更にもっと面白いのが、移住をしてきて、事業やビジネスをしている方が多いんです。

ヌイ
ヌイ
ビジネス、、!それは興味深いです。
木津
木津
移住+事業を起こしている方が多いので、話していて学びが多く、アイデアも浮かんでくるのでとても楽しいです。

②イベントが多く開催されている

木津
木津
また、下川町にはイベントも多くて。人口が4000人くらいというのもあって、人の繋がりが強い印象でした。
ヌイ
ヌイ
なるほど。「横のつながり」は地方らしいですね。
木津
木津
町の中心部に「コモレビ」というコミュニティスペースがあるのですが、そこでよくイベントを行なっていますね。

僕はキャンドルナイトに、お邪魔させていただきました!

③自然が豊か

木津
木津
確か、下川町の9割前後が「森」でできていて、とても自然が豊かです。その分、家の密度も低かったです。

僕が滞在した時は、家の辺りが全部雪景色になって、感動しました。

ヌイ
ヌイ
北海道ならではですね、、!雪景色見てみたいです。
木津
木津
ぜひ!その時、デザイナーの友人と一緒に滞在していたのですが、彼女は「圧倒的に制作がしやすかった」って言っていて。

周辺環境に誘惑がなく、自然に囲まれて作業がしやすかったと思います。

 

③千葉県・金谷

  1. 移住者コミュニティが強い
  2. 仕事をもらえる環境がある
  3. 東京から近い
木津
木津
3つ目は、千葉県金谷です。

お世話になったフリーランスコミュニティ「まるも」は、とても特殊でおもしろいコミュニティでした!

ヌイ
ヌイ
おお!ピックアップ、ありがとうございます、、!

①移住者コミュニティが強い

ヌイ
ヌイ
私、Ponnufに転職をしてきた機に金谷に移住してきたのですが、まるもってやはり特殊なんですか?

私、移住自体がはじめてで。金谷の今の環境は、自分の中では基準になっているんですよね。

木津
木津
金谷のまるもは、かなり特殊だと思いますよ。基本地域って、移住者と原住者ってそんなにハッキリ区別つかないんですよ。

ただ、まるもの場合はほとんどが移住者で、移住者でコミュニティが作られているんですよね。

ヌイ
ヌイ
なるほど。確かにそういった視点がなかったです。
木津
木津
移住をすると生じる「現地に馴染めるかな」といった不安はまずなくなると思うので、安心して移住ができる環境になっていると思います。

②移住者が仕事をもらえる環境がある

木津
木津
他にも、金谷・まるものすごいなと思ったところは、コミュニティの中に仕事が回っていて、仕事をもらえる環境があることですね。

以前、Twitterにも書きました。

ヌイ
ヌイ
拝見しました、、!ちょうど、今日聞けたらいいなって思っていました。

 

木津
木津
僕は、田舎フリーランス養成講座(以下:いなフリ)を入り口に移住するのはすごくオススメです。

独立時の不安である「仕事」と「コミュニティ」の両方を解決できる環境なので、いなフリ生は、移住のハードルがかなり低いと思います。

ヌイ
ヌイ
確かに、私も移住して自然も豊かで、山も海も近いですし、誘惑がないんでしょね。
木津
木津
その点、フリーランスでどこか拠点を変えたい人は、集中できる環境がほしい人は、金谷のまるもはとてもおすすめです!

③東京から近い

木津
木津
あと、金谷は東京から近いのも、地味に大きな魅力だと思います。金谷の場合、電車やバスで東京にいけるので。

平日は田舎でがっつり仕事をして、気分転換に都内に向かいたい人もいると思うので、そういった方にはとてもいいと思います!

ヌイ
ヌイ
同感です。私も、2週間に1度は千葉の実家に、気晴らしに行きます。

毎回「都心に近い地方でよかった」って思いますね(笑)

 

④岡山県・岡山

  1. おしゃれなお店が多い
  2. ベンチャー・スタートアップ企業が多い
  3. 歴史・文化が盛ん
木津
木津
岡山市は「ド・ローカル」ではないです。新幹線も通りますし、どちらかと言えば「都心に近い」のが特徴ですね。

なので、「ちょっと東京に出たいな」という方には、特におすすめです!

ヌイ
ヌイ
地方都市ってことですね!今まで紹介された地域と、違った角度の魅力がありそうですね。

①おしゃれなお店が多い

木津
木津
岡山市は、おしゃれはカフェやお店が多いんですよね。デザイン性のレベルが高く、可愛らしいお店が多い。

デザイナーの友人と一緒に滞在していたのですが、彼は日本の数多くの地域に訪れています。そんな彼が「岡山には移住したい」と、太鼓判を押していました。。

ヌイ
ヌイ
そんな可愛らしいお店が多いんですね。ぜひ、行ってみたいです!

https://www.instagram.com/p/BoAuwM1FV8H/?utm_source=ig_web_copy_link

木津
木津
もくもくガレージ」というCAFE&スペースがあるのですが、こちらは素敵な人に出会えるおすすめのスポットになります!

②ベンチャー・スタートアップ企業が多い

木津
木津
また、岡山はベンチャーやスタートアップの文化が盛んです。

岡山のイノベーション会で、プレゼンテーションが毎年行われていたり、ベンチャーを育成するコミュニティがあったりして、興味深かったです。

ヌイ
ヌイ
すごい!今「岡山県 スタートアップ」で調べたら、「岡山イノベーションプロジェクト」が出てきました!
木津
木津
地方でのスタートアップやベンチャー企業って、まだまだメジャーではないと思うので、刺激的でいいですね!

岡山はベンチャーを育成するコミュニティなどもあるので、起業に興味がある人は、一度足を運んでみるのもいいと思います!

③歴史文化がある風情な街並み

木津
木津
あとは、岡山には歴史文化を感じれるところも、魅力的で。

岡山城があったり、隣の倉敷もとてもきれいですし。

ヌイ
ヌイ
市が栄えつつ、歴史的風情を感じられるのはとても魅力的ですね。
木津
木津
そうですね。仕事で何か行き詰まった時など、散歩するだけでもリフレッシュできるので、気分転換にも、とてもよかったです。

 

⑤岩手県・遠野

  1. 移住者が多い
  2. お世話になった人が多く、思い入れが強い

①移住者が多い

木津
木津
やはり遠野は、移住者が多いのはとても大きな魅力です。

遠野には「Next Commons Lab」という会社があるんですけど、地域おこし協力隊の制度の運用などを担っています。

地域おこし協力隊のサポートなどを行なっているので、協力隊の制度を入り口に遠野にやってきて、そのまま遠野に住んでいる人がたくさんいます。

ヌイ
ヌイ
実は弊社代表の山口も、魅力的な地方ITベンチャーの1つに、ネクストコモンズラボさんをあげていて、記事にもなりました。

https://workcareer.jp/2019/08/12/8-companies/

木津
木津
そうなんですね。面白い方も沢山いますし、人も遠野の文化も、すべておすすめですね。

②お世話になった人が多く、思い入れが強い

木津
木津
最後にきて具体性に欠けるかもしれないのですが、とてもお世話になって、個人的に思い入れが強くて。

仕事も沢山紹介していただきましたし、本当に沢山の方にお世話になって。だからこそ、助かりましたし。

ヌイ
ヌイ
人との繋がりで、その地域や場所を好きになることってありますよね。

 

おわりに:地方移住におすすめの地域5選

  1. 青森県・十和田
  2. 北海道・下川
  3. 千葉県・金谷
  4. 岡山県・岡山
  5. 岩手県・遠野

今回は、日本各地でお試し移住を繰り返す木津さんが選ぶ、お試し移住におすすめの地域を5つ紹介してきました。

場所を問わずに働ける方は、ぜひお試し移住を視野に入れてみては、いかがでしょうか?

木津
木津
今回紹介した5つの地域、すべておすすめです。沢山お世話になった、大好きな場所。

この記事をきっかけに、移住はもちろん、その地域に出向く1つのきかっけになれたらうれしいです!

今回、取材を快く受けてくださった木津さんの発信活動は、下記にてご覧いただけます!

Twitter:@ayumukizu
ブログ:居候男子